FC2ブログ

人生初の小笠原

 お気づきの向きもあろうと思うが、イルカやクジラやウミガメを見るためだけに船に乗って遠出したわけではない。

 ブログタイトルに違わず、主目的は鳥見・鳥撮り。その行先は(タイトルから明らかだが)・・・
200600-DSC07934.jpg

8月のハイシーズンには運賃が2等寝台で片道だけで3諭吉越え、かかる時間も片道24時間の場所、小笠原である。

 小笠原といえば、 katsuo-A9_08363.jpg
α9, FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS

船と並んで至近距離で飛んでくれるカツオドリ。もちろん初見!

 初見、といえば、今年6月に出たばかりのソニーのFE 600mm F4 GM OSSも、同じ船に乗り合わせた方が使っておられるのにデッキで遭遇し、機材好きとしては少なからず感動。ToT
200600-DSC08031.jpg

 雨は降っていなくても船上で海鳥を狙うカメラ・レンズに「養生」するのは、まあ当たり前。バッサーっと塩水なんて被ってしまったら目も当てられないからねぇ。

 海鳥目当て、ということで、買ってからずっと死蔵しておいたこんな冊子も持参した。
200600-DSC07923.jpg

 こんなレシートみたいな乗船券なんだねぇ。

 嬉しがって海鳥冊子持ち出したが、結論から言うとライファーは6つのみ。時間とお金があれば硫黄島まで脚を伸ばすといいよ、ライファーが20近く増えるから、とは経験者から助言を受けていたのだが、そこはそれ、現役世代には難しい・・・。まあそれは今後の楽しみだね。(謎)

スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そうでしたか!

鍵コメ様

コメントありがとうございます。またご教示いただいたURLも大変うれしく拝見しました。

そうでしたか。現場ではその出で立ちや周りの方々が一目置かれている様子がひしひしと伝わってきて、さぞ名のある方なのだろうと遠巻きに眺めておりました。^^ 鍵コメ様のお知り合いということならばさもありなん、ですね。ちなみにおがさわら丸内の寝台も近かったのですが、誰よりも早く起き出して撮影に臨まれていたようです。心がけ・行動からして別格でした。

例のポイント、私も今年は1回だけでチャンスはあまりありませんでした。α9とFE200-600はそれでも要所はきちんと押さえてくれましたが。そうそう、FE600/4導入、おめでとうございます!もう「鬼に金棒」どころではありませんね。バンバン素晴らしいのを撮られるのを楽しみにいたしております。

貴ブログ、ちょくちょくうかがっているのですが、気の利いたことを書ける自信がなく、また、毎度拝見する素晴らしい瞬間を押さえた写真に圧倒されてしまって、コメントの方はすっかりご無沙汰いたしております。すみませんm(_ _)m

この4月から新しい職場に通い始めてまだペースがつかめず鳥撮りにもほとんど行けてないのですが、またどこかでお目にかかれましたら、また鳥のこと、機材のこと、うかがいたく存じます。よろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カテゴリ
最新コメント
Since Nov. 27th., 2013