FC2ブログ

FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS

 本当に発表された。
200600.jpg

 令和元年6月18日(火)10時~予約開始、278,000円+税、ということだが・・・。

 ズームしても全長が伸びないのはいいけど、 重さは2kg超えか・・・。

 値段ももしそのままなら、同じ600mmをカバーしてて重さも若干軽いシグマ150-600/5-6.3Cの3倍近くだしね、微妙・・・。そもそもすでにMC-11経由でコンティニュアスAFできてるし、純正100-400もある今、新たに買い足す理由が・・・。

 なんて言ってたらニコンの556の二の舞になってしまって、いつまでたっても買えないなんてことになるんだろうね。エイヤ!と予約するか、高みの見物を決め込むか・・・。

 この夏は出費が嵩む予定もあるし、困ったな。といいながら嬉しいのはなぜ???(謎)

 
スポンサーサイト



コメント

うーんですね

αの事はよくわかりませんが、いっそのことC社の物を全てうっぱらって、G600mmF4まで揃えたら如何でしょうか?
今回のS社発表で、C社N社がいつになく大嵐に会いそうですね、一代変革期の予感が致します。

鳥撮りでは、まだ一眼レフの優位は変わらないと思います

仙人さん

コメントありがとうございます。

ソニーのEマウントロクヨンは高いですね。(汗)

それに重さが3kgちょいとはいえ、せっかく小さなボディが台無しです。ミラーレスの強みはミラーがないことのボディのコンパクトさ軽さにあると思っているので、三脚使用が前提になるソニーロクヨンは眼中にないのです(宝くじでも当たれば別ですが(爆))。

三脚使用前提ならボディは1DX2の方がよいですね。光学ファインダーの優位性は鳥撮りの場合、まだまだ揺るがないと思いますし。

ミラーレス信者の方からは憎まれ口を叩かれそうですが、自分が知る限り、これは!と息を呑む鳥写真でミラーレスで撮られたものはいまだかつて見たことがないです。

スポーツのように被写体が常に見えてて、しかもゴルフやフィギュアスケートのように静粛さを求められる場合にはミラーレスはどんどん普及していくかと思いますが、例えばクレー射撃で、クレーに弾がヒットして炸裂するような写真はプロでもミラーレスだとなかなか撮れないのでは?と思います。不意に現れ猛スピードで飛び去る鳥も同じ、というかクレー射撃よりも難度ははるかに高いかと思います。

この考えを改めさせるような、ミラーレスで撮られた素晴らしい鳥の飛翔写真を一日も早く拝めたらとも思っておりますが。^^;

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カテゴリ
最新コメント
Since Nov. 27th., 2013