舳倉島渡航記録 第1回~第21回

 6月に舳倉島に渡るのは今回が初めて。

 ま、これまでも5月24日とか、5月28日とかにも行ってるから、6月上旬はおんなじようなものだろう。汗

 5月と違って鳥撮り人は激減。同じ船に5人くらいか? 後は釣り客ばかり。そうそう、いつも車を止める輪島朝市の駐車場がいっぱいで止められなかった。過去20回にはなかったこと。で、しょうがないので船の券売所の前に止めた。キーを預けないといけないので嫌なんだよね。

 1種のみながらライファー更新。今日の朝一、つまり早朝にはエゾセンニュウ、シマセンニュウ、マキノセンニュウの全部が見られたそうだが、今日の船が着くころにはいなくなってしまったとのこと。どれでもライファーだったんだけど・・・。

 今日はヤイロチョウが出たということで、二匹目の泥鰌を狙う複数の人が張っていたが、見られたのか?

hegura-DSC07059.jpg

舳倉島渡航記録(の見方)
 1行目:渡航年月日
 2行目:持参した撮影機材
 3行目:初めて見た鳥(=ライファー)

初舳倉島 2013年4月28日
EOS-1D X, EF 400mm F5.6L USM
ヒメコウテンシ

2回目 2013年10月19日
EOS-1D X, EF 500mm F4L IS II USM, Extender EF 1.4×III
コホオアカ、オジロビタキ、ベニヒワ

3回目 2014年3月28日
EOS-1D X, EF 500mm F4L IS II USM
ライファーなし

4回目 2014年4月19日
EOS-1D X, EF 400mm F5.6L USM
オオミズナギドリ

5回目 2014年5月24日
EOS-1D X, EF 400mm F5.6L USM
アカエリヒレアシシギ、チョウセンメジロ

6回目 2014年10月12日
EOS-1D X, EF 500mm F4L IS II USM
シラガホオジロ

7回目 2015年10月17日
EOS-1D X, SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary
タヒバリ、ムネアカタヒバリ、カラフトムジセッカ

8回目 2015年11月1日
EOS 7D Mark II, SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary
ヤマヒバリ、オウチュウ、ウズラ

9回目 2015年11月13日
EOS 7D Mark II, SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary
ライファーなし

10回目 2016年4月2日
EOS-1D X, SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary, SIGMA DP2x, SONY α7, Summilux 35mm F1.4 (1st.)
ウトウ

11回目 2016年4月30日
EOS-1D X, SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary
ライファーなし

12回目 2016年5月28日
EOS 5DsR, EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
イワミセキレイ、カラスバト、オオムシクイ、ハシボソミズナギドリ

13回目 2016年10月15日
D500, AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
ヒメウタイムシクイ

14回目 2016年10月22日
EOS-1D X Mark II, SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary
ライファーなし

15回目 2016年10月30日
EOS 5DsR, SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary, GR1
オオマシコ、ヒゲガラ

16回目 2017年5月14日
EOS-1D X Mark II, EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
ヨタカ、シマゴマ、チゴモズ、コウライウグイス、エゾムシクイ

17回目 2017年10月1日
EOS-1D X Mark II, EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
ライファーなし

18回目 2017年10月8日
EOS 5Ds R, EF 500mm F4L IS II USM
ライファーなし

19回目 2017年11月5日
EOS-1D X Mark II, EF 500mm F4L IS II USM, Extender EF 1.4×III
ライファーなし

20回目 2018年4月28日
α9, 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | C, MC-11
メボソムシクイ、ニシイワツバメ、トウゾクカモメ

21回目 2018年6月2日
α9, 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | C, MC-11
アカアシミズナギドリ、カンムリウミスズメ

 鳥果はそこそこ、見たことある鳥ばかりだったが、 今シーズン初見の鳥も多く、1万歩ちょっと歩いただけで結構楽しめた。

 鳥見趣味開始当初と違って、このごろはポイントに車で乗り付け、三脚に長玉据えたら動かない鳥撮りが多くなっていたので、舳倉島での歩く鳥見は貴重。ふだん運動不足気味だしね。好きなことしながらエキササイズ、になっているのか・・・?^^;

 というか、舳倉島は基本歩かないと鳥に会えないしね。いくら立派な長玉にフラッグシップボディ、しっかりした三脚を持参しても、その重さを苦にしてフットワークが鈍ったらだめ、出会える鳥が半減するかも、なのだ。

スポンサーサイト

コメント

遠くて・・・

こんばんは。
舳倉島、野鳥撮影では人気のところのようですが、横浜からでは遠いです。
そう言いながら年中もっと遠い北海道へ行ってますが。(^^;
いろいろ珍しい鳥に出遭えるようですね。

北海道より遠いかも・・・

KONDOHさん、こんばんは。

実際遠いです。首都圏からだと、たとえば羽田から飛行機で1時間で能登空港に行けますが、そこから輪島港まで車で20分。一泊して翌日朝9時に乗船。10時半に舳倉島に着いて14時45分まで日帰り鳥撮り。15時に帰りの便に乗って16時半輪島着。その時点で羽田に向かう飛行機はもうないのでさらに一泊して翌日能登空港から羽田へ・・・。たかだか5時間弱の鳥撮りのために丸三日費やすなんて絶対できませんよね。^^;A

それでも鳥の渡りの時期には日帰り鳥撮りのために毎週群馬県から自動車で輪島まで来られる方を知っています。昨日ヤイロチョウを撮影されたのはその方です。報われてよかった!?


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カテゴリ
最新コメント
Since Nov. 27th., 2013