α9 無音・無振動、ブラックアウトフリーで毎秒20枚の功罪

 助手席にそっと置いてお出掛け。超軽量の超お手軽鳥撮り。この機材にして歩ける距離が伸びた。その他にメリットは・・・、
a9-NEC_0510.jpg

 やっぱり、 無音・無振動で毎秒20コマ撮れるのはすごい。

 無音なので近距離の鳥さんにも気付かれることなく撮れる。v^^

 さらに、自分が見つけた鳥を独り占めして撮れる時間が長くなった!(シャッター音がしないので周囲の人に気づかれにくいのだ笑)

 コンサートやゴルフの撮影など、静粛を要求されるときはもうα9ないしそのシリーズしかないんじゃない?って感じ。

 デメリットとしては、たまに1DX2に持ち替えるとかなりうるさく感じることか・・・。汗

 というか1DX2どころか、普通のレフ機はみんなうるさく感じるくらい。^^; 

 さらに、無音・無振動なので、「撮ったぞぉ!」という実感がまだ今のところ得られにくく(←連写音って結構大事だったのね)、ついついたくさん撮ってしまい、家に帰って愕然とすることも・・・。
a9-DSC07055.jpg

 1日で3334枚はないよね。^^; 帰ってきて取込&整理に、これまでの2~3倍くらいの時間がかかるようになってるかも・・・。

 ちなみに、バッテリーは2つ持ちで1日なら十分っぽい。

 今日は、1つ目のバッテリー残量14%くらいで2つ目のバッテリーに交換し(←長く待ってやっと出た鳥さん撮ってるときにバッテリー交換なんて嫌だからね)、2つ目のバッテリー20%くらいまで使ったか。それで3334枚撮影できるなら優秀優秀。

 そもそも1つ目のバッテリー、14%残して2700枚くらい撮れたしね。初代α7に比べるとまさに隔世の感がある。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カテゴリ
最新コメント
Since Nov. 27th., 2013