立山黒部アルペンルート全線開通

 今年平成29年は通常より一週間早い全線開通で、これまででもっとも早い時期の全線開通。となれば真っ白な「あの鳥」を探しに行かねばなるまい・・・。しかし、朝7時20分立山駅発のケーブルカーに乗り、美女平で高原バスに乗り換え、8時半前に室堂に着いてみると・・・。
orion-K52S2627.jpg
PENTAX K-5IIs, SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art

 吹雪!

 雪の大谷の中はまだそれほどでもなかったが、室堂ターミナルから探鳥に向かおうと山側に出たら、吹雪、それも猛吹雪! 

 しかも地上では人生こまで一度か二度しか経験したことがないような強風! 雪片が頬に当たって痛い痛い! 

 ゴーグルってこういうときのためにあるんだね、と持ってこなかったことを激しく悔やむ。

 これに加えてガスが出ていて視界はせいぜい10~20m、ほんの数メートル前を歩いていた人たちが、目を離した数秒後に見えなくなっているときの恐怖と言ったら・・・。

 慌ててターミナルに戻り、そこで3時間半ほど待機。なんのために早起きして出かけてきたのやら、わかりゃしない!(涙) そのうちに雪の大谷ウォークも午前は中止、午後は様子見と発表された。

 正午前、座っていても埒が明かないと、再度外へ。ちょうど今日の宿のスタッフだという人を見つけ、その人について移動。

 着いて3時間以上経過したその時点でも、ガス・強風ともに健在。宿のスタッフさん、いわゆる歩荷の仕事をするほどの人が、ときおり立ち止まって風上に背を向け踏ん張らないといけないくらい・・・。ななまるなど、体重は重いのに吹き飛ばされそうになったことは言うまでもない。(滝汗)

 視界のない中、強風にあおられ、雪がびしばしと頬に吹き付ける中を20分ほどで宿に到着。この後、午後一杯天気は回復せず。(涙)

 しかたがないので、昼2時過ぎから宿の温泉にゆったり浸かり、出た後は自販機でビールを買って飲んだくれてその後うたた寝。何やってるんだか・・・。

 夕食のために起きてみると風はやまないが、ガスは晴れ、雲まで消えて星が見えている。

 夕食時の晩酌は急遽?とりやめ、食事だけさっさと済ませてしばしの晴れ間、強風吹きすさぶ極寒の中ながら、満天の星を眺める。(つづく)

orion-K52S2683.jpg
「重機と沈むオリオン」
PENTAX K-5IIs, SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art
アストロトレーサー ISO感度1600、絞りF2、露光時間60秒
平成29年(2017年)4月15日20時58分

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カテゴリ
最新コメント
Since Nov. 27th., 2013