本日桜満開

 開花宣言からまだ3日ほどしか経っていないが、本日満開。
sakura-5DSR9678.jpg
EOS 5DsR, EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

 あいにく 今晩~明日午前は雨・・・。

 休みと、天気と、見たいもの、この3つが揃うことって、なかなかないんだよね。

スポンサーサイト

コメント

No title

当地でも雨続きですが、幸運にも休みと見たいものの2つが揃って、近所の公園で雀鷹と桜を撮ることができました。でも生憎、そこには日本野鳥の会のひとがいて、「野鳥はレンズを警戒する」「営巣地では撮影しない」とかいって、私=カメラマンに敵意を向けてくるのです。もともとツミは警戒心が希薄で、近くからレンズを向けてもおよそ逃げないのですが、何をどう説明してもまったく聞き入れないといいますか、ただカメラマンが嫌いなんだという感じでした。そんなわけで天気(雨)と見たくないもの(日本、、)の2つも同時に重なってしまったわけです(泣)。



鬱陶しい輩ですね

blind-sideさん

お久しぶりです。鳥見、好調のようで何よりです。ちょくちょくこちらも楽しみに拝見してますよ。^^
最近ネタにした『猛禽探訪記』で雀鷹(ツミ)の漢字を学習したところでした。偶然にビックリ!

こちらもそんな鬱陶しい輩はもうお腹一杯で、見たくもありません(いますけど・・・)。なんでそんな一緒くたに論じるのでしょうね。個体差だってあるでしょうに。自分の基準・価値観を強要するなと声を大にして言いたいです。まあ面倒くさいから無視するのが一番ですが。結局そんなこと言う輩は自分だけが「いい思い」をしたいだけなんですよね。そんなさもしいみじめな輩なんだと憐れんでやるくらいしかできませんね。あいや、そんな敵対的な奴に慈悲を持つこともないか!

せっかくの休日に鳥をみてほっとしているところ、せめて水を差さないようにしてもらいたいものですね。

No title

雀と鷹を組み合わた名前は、良い得て妙だと思います。雄と雌が似ていないことから別種と思われていた時代が長くて、オスは悦哉(エッサイ)と呼ばれていました。生態が徐々にわかってきたのは市街地で繁殖するようになった1990年代以降のことです。私の初見は1997年なので、かれこれ20年前ですね。

ありがとうございます。
ななまるさんのコメントを読んて、なんだか元気が出てきました!(*^_^*)

ぢつはすごくうらやましいのです

こんばんは

今朝は早くに目が覚めたのでシンフォレストの日本百鳴鳥のDVDでツミを見返したところでした。虹彩の色から、お腹の色まで、ほんとにちがってますものね。白色型のクロサギ、ってくらいある意味衝撃でした。

そのツミ、こちら日本海側にはいない?のです。舳倉島なんかで高いところを飛んでいるのは数回見たことがありますが、都市公園で繁殖するようなのを間近で、というのはまったくなく、そのためだけに都会に行ってみようかと画策したこともあるくらい。そんなことをしたらきっと地元の人には笑われるんでしょうけど(汗)、何が見たい・何が珍しいって、これまた人それぞれですものね。

元気になられたとのこと、何よりです。気持ちが沈んだままで次の鳥見を諦めるのはもったいないですから!お互いよい出会いがありますように!^^



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カテゴリ
最新コメント
Since Nov. 27th., 2013