給付型奨学金について素朴な疑問

 コメダ珈琲を訪れること3回目にして初めてシロノワールというのを食べてみた。
chuhi-D5C_7530.jpg
D500, AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR

 ま、想像した通りの味。驚きはない。

 ときに、

続きを読む »

スポンサーサイト

ハクトウチュウヒ?

 干拓地を流していて頭の白いチュウヒを発見。狩りの後、すぐそばに着地したのだが、こちらに気づいて遠くに飛ばれた。この直前、あまりに明るい曇りだったので、ISO100にして絞りF7.1、シャッターを1/160にしていたのだが、そのままで飛翔を撮ったら大変なことになってるのがたくさんあって往生した。爆
chuhi-7D2_8335.jpg
EOS 7D Mark II, EF 800mm F5.6L IS USM

 7D2の高感度で撮影したオジロワシの画像は、

続きを読む »

今日はのんびり

 既述の通り、今日は週末二泊三日出張の代休でお休み。

 細君を職場に車で送った後、帰宅してうちでのんびり。とは言っても、出張の報告書作成や、仕事メールの送信、書類の印刷・分類などの雑務は午前中にこなす。

 午後からはギターを弾いて過ごす。アップテンポの曲を掻き鳴らそうものなら、じとっと汗が滲む。いつの間にかもう夏だ。
1DX_1776-chuhi.jpg

 チュウヒの巣材運びなどが知人ブログでは報じられている。チュウヒ目当てで撮りに行くことはないにせよ、撮ったことがない場面だな。ぜひ見てみたい。

続きを読む »

主役待ちの肩馴らし?

 数年前はチュウヒを撮るためだけに観察舎に一日中スタンバっていたものだが、最近ではメインで撮ることもなく、主役待ちの肩馴らしとして、もしくはマニュアル露出の設定確認のために撮るくらい。

 真剣に一日中追ってた時には遠くでしか撮れず、今になって間近に来てくれるとは何とも皮肉な。。。 
1DX_9036-tadachu.jpg
EOS-1D X, EF 800mm F5.6L IS USM

 やっぱり猛禽然とした面構えはよいね。

続きを読む »

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM (Sports) でチュウヒの飛翔 連続14コマ・ノートリ

 サイズのみ600×400に縮小した、チュウヒのノートリ飛翔写真。タイトル通り、14コマ連続で。なぜ14などという中途半端な数なのか? 答えは簡単、15コマ目にピンを大幅に外したからである。そこまで追えたのはむろんボディの性能によるところ大だろうが、シグマ製のSIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM (Sports) でもその性能が発揮されたところを喜びたい。

 新規導入のシグマレンズの、USBドックによるカスタマイズ前の標準設定でもなかなかよくできたレンズではないか。カスタマイズ後の撮影が楽しみである。

 ではさっそく最初の4コマを:
1DX_9320a.jpg

1DX_9321b.jpg

1DX_9322c.jpg

1DX_9323d.jpg
EOS-1D X, SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM (Sports)

 残りの10コマは以下に:

続きを読む »

カテゴリ
最新コメント
Since Nov. 27th., 2013