22年

 あれからもう22年か・・・。
1DX_5997-chogen.jpg
EOS-1D X, EF 500mm F4L IS II USM

 また

続きを読む »

スポンサーサイト

電柱の上のチョウゲンボウ

 遅ればせながら手に入れたカメラ&レンズでの撮影。車の窓からお手軽撮影でもそこそこ撮れてる?
chogen-7D2_4234.jpg
EOS 7D Mark II, EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

 1DXの後継機についても

続きを読む »

舳倉島で見た猛禽その2:チョウゲンボウ

 今日は日帰り出張。行きは同僚の運転する車、帰りは高速バス。
kochogen-1DX_4725.jpg
EOS-1D X, SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary

 同僚の自家用車だった往路は快適そのもの。ただ、

続きを読む »

猛禽祭りの合い間のチョウゲンボウ・ホバリング

 朝ポイントに着く。三脚をセットしてカメラ&レンズを載せる。周囲を見渡す。まずはケアシノスリが撮れる。ケアシがいなくなると、集まった面々で旧交を温めているうちに、今度はお昼前にハイイロチュウヒの雄が飛び始める。日も傾き始め、午後の遅い時刻になると、今度はコミミズクが遠くに近くに餌を求めて飛び始める。朝から夕方まで三脚を移動した範囲は半径にして5mほどか。そんな猛禽パラダイスのわき役が昨日までに出した、ただのノスリであり、ただのチュウヒであり、今日のチョウゲンボウである。
1DX_9157-chogen.jpg
EOS-1D X, EF 800mm F5.6L IS USM

 主役待ちの時間帯、お昼過ぎと午後遅く、夕方にも出てきてくれて露出確認や退屈しのぎの相手になってくれるありがたい存在:

続きを読む »

コミミフィールドのチョウゲンボウ

 むしろこちらの方が主というべき存在なのに、いつもいる・いつでも撮れる、というだけでサブ的な存在へと格下げ?されているのか、コミミが飛び交う今シーズンは(も?)、あまりレンズを向けている人はいない。今日もカラスに追われている憐れな姿を見かけてしまった。
IMG_9971-chogen.jpg
EOS-1D X, EF 500mm F4L IS II USM

 他にも2枚:

続きを読む »

カテゴリ
最新コメント
Since Nov. 27th., 2013