ミヤコドリの水浴び

 お目当ての鳥には会えず、失意のまま(大げさ!)海岸に出てみると、ミヤコドリが1羽、水浴びをしていた。
miyako-1DX_5066.jpg
EOS-1D X, EF 800mm F5.6L IS USM

 原発近くに入ったというマナヅル狙いだったので856を持ち出していたのだった。
miyako-1DX_5097.jpg

miyako-1DX_5130.jpg

miyako-1DX_5137.jpg

miyako-1DX_5150.jpg

 水浴び後は毛繕い。

続きを読む »

スポンサーサイト

ツーショット

 一度見つけてしまった後では、いつ行っても見られる鳥になったミヤコドリ。今年3回目の訪問では、見つけやすい砂浜ではなく、初めて岩場で発見。しかもツーショット。
miyako-2wa-7D2_8081.jpg
EOS 7D Mark II, EF 800mm F5.6L IS USM

 目、嘴、背中・脚の色などなど、

続きを読む »

週末ごとに大荒れ?

のはずが、今日は予報が外れて正午ちょっと過ぎまで晴れ、午後は曇りの鳥撮り日和となった。いれば・・・、の話だが。

 これまで複数の人に「あそこに行けばいるよ」と教えてもらっていたミヤコドリ。去年、一昨年は一度も見られなかったのに、今年は行くたびごとに必ず見られる。

 本命としてではなく、最寄りの干拓地で別のお目当てがあって、そのついで、という、あまりがっつかないスタンスなのが功を奏しているのかもしれない。
miyako-7D2_7123.jpg
EOS 7D Mark II, EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

 小雨は暴風で霧となり、ベールをかける。もやってしまうのはそのせい(腕のせいではなく・・・。(多分))。

 さらに貝咥え飛翔を: 

続きを読む »

今季2回目の某漁港

 着いたときにはよく知ってる鳥撮り関係の知人が先着してて、2羽まとまっていたミヤコドリを両方とも飛ばしたところだった。
miyako-7D2_6356.jpg
 そのうちの1羽は沖の方へ、もう1羽はななまるの方へ飛んできたので、無理せずそちらを撮影することに・・・(件の知人は沖に飛んだ方を追って行った。確かに白波の砕ける岩の上に止まってる方が絵になるのだが・・・)。

 脚の色を見ても、虹彩を見ても、前回つまりこの漁港今季1回目の訪問時に見たミヤコドリ成鳥とは異なる。今回のは若鳥だ。ラッキー!と思いながら撮影をつけていたところが・・・、

続きを読む »

EF 500mm F4L IS II USM + Extender EF 1.4×IIIの解像度

 結論から言ってなかなかのもの。ミヤコトドリのいる風景で確認:
miyako-1DX_3975.jpg
EOS-1D X, EF 500mm F4L IS II USM, Extender EF 1.4×III

 ミヤコドリの部分を等倍表示すると:

続きを読む »

カテゴリ
最新コメント
Since Nov. 27th., 2013