たった一夜で・・・、

鳥相ってそんなに変わるものなのか? 某公園、昨日はムシクイ祭りで、センダイムシクイ、メボソムシクイは当たり前、オオムシクイにキマユムシクイ、エゾムシクイまで出たと聞いたが(よくお邪魔するブログやHPで読みもした)、今日は人ばかりで鳥なんていない、と・・・。
sendai-E1DX5762.jpg
EOS-1D X, SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary

 昨日は日中も夜も風が強かったのに、抜けてしまうものなのか? サンコウチョウなんて、あんな長い尾っぽ、風が吹いたら大変だろうに・・・。

 早朝に鳥友から電話があったが、寝ていて出られず。午前の遅い時刻、ほとんどお昼前にこちらからかけなおすと、あまりに鳥影が薄いのでもう帰路に就くとのこと。

 ちょっと見切りをつけるのが早い気もするが(汗)、大いなる期待を胸に早朝から出かけていたのなら、疲労困憊の具合も自分のことのようにわかる。せめて寄り道先でシャッターが切れたことを祈ろう。

 写真は6日前、4月30日の舳倉島のセンダイムシクイ。上に列挙したムシクイ類の他、昨日の島ではカラフトムシクイ、ムジセッカなども出ていたとのこと。羨ましい限りだが、島流しには遭いたくない。

 さらにセンダイムシクイを2枚:

続きを読む »

スポンサーサイト

近くで見ると小さい

 本命待ちの間に撮れた鳥の写真は記憶に埋もれてしまって現像が遅れる。
 撮ったのはもう3か月も前のこと。
1DX_9547m.jpg
EOS-1D X, EF 500mm F4L IS II USM

 さらに3点:

続きを読む »

カテゴリ
最新コメント
Since Nov. 27th., 2013