クマタカ峠と墓地公園でタカの渡り

 渡りは遠い、のがほとんど。でも思いもかけず低空を飛ぶのもまれにいる。その「まれ」を信じて、重い機材を担いで急坂を登る。
hachiku-5DSR7150.jpg
EOS 5DsR, EF 800mm F5.6L IS USM(1~3枚目)

 車で

続きを読む »

スポンサーサイト

渡る渡る

 先週一週間雨天or曇天、今週も明日を除いて同様。ということで、その間に位置する貴重な曇り~晴れの週末土日、結局両方鳥撮りに。久々に出かけた某クマタカ峠では渡りの鳥を堪能。
hachik-D5C_6702.jpg
D500, AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR

 念のため、↑のぽつぽつシミになっている箇所は撮像素子に付いた汚れ、ではない。秋空に無数の

続きを読む »

2台体制が吉?

 ブラインド籠り、長玉を付けたカメラだけでなく、取り回しのいいズームを付けたカメラもブラインドに持ち込んでいると、予期せぬ方向に現れたお目当て以外の鳥も撮りやすくなる。

 狭いブラインド内で長玉付きカメラを当初の予定とは反対方向に向けるのは大変なのだ。ただ、2台目カメラ&レンズを持ち込もうとすると、当然移動時の荷物は多くなる・・・。

 こちらを立てれば、あちらが立たず、とかく人の世は大変だ。^^;
hachikuma-5DSR5959.jpg
EOS 5DsR, EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

 5DsR、なかなか連続してピントの合う写真が撮れない。Aiサーボの性能は後発とはいえフラッグシップにはかなわない。

続きを読む »

クマタカ峠のハチクマ

 3連敗の後の3連勝。ただ、3回連続で高いところ、遠いところばかりで、目指す間近に見下ろす背打ちが撮れないと、3連勝というより3分けという感じになってくる。
 そのクマタカ峠でクマタカを待っていると、カケスやハヤブサ、ノスリなども目の前や頭上を通過したが、ハチクマ若がやってきたときには少し興奮した。知人が近くでイヌワシを撮っており、地元イヌワシを期待してしまったのだ。
1DX_5209-hachikuma.jpg

1DX_5202-hachikuma.jpg

1DX_5206-hachikuma.jpg

1DX_5220-hachikuma.jpg

1DX_5251-hachikuma.jpg
EOS-1D X, EF 800mm F5.6L IS USM

 遠いが背中も一応撮れた:

続きを読む »

一期一会

 通い詰めてる人たちの発言を総合するに、居ついているものと確信し、その後いずれも短時間ながら再会を期して2度訪問するも、もはや会えず。まさに一期一会だった。
1DX_1424-140608.jpg
EOS-1D X, EF 400mm F2.8L IS II USM




カテゴリ
最新コメント
Since Nov. 27th., 2013